抗酸化作用とは

抗酸化作用とは、酸化を抑える作用のことです。酸化とは、物が錆びてしまう状態ですが、人間も酸化するのです。

人間は、酸素を体内に取り入れて、生命維持に必要なエネルギーをつくりますが、その際に、酸素の一部が活性酸素になります。活性酸素は、細菌を排除する役割も持っていますが、一方で、増えすぎると正常な細胞も傷つけてしまいます。

活性酸素が過剰に発生し、体に悪影響を及ぼしている状態が、酸化であるといえます。活性酸素は、増えすぎると、しわやシミの原因となったり、動脈硬化や生活習慣病の原因にもなると言われています。

そのため、この活性酸素の発生を抑える作用、つまり抗酸化作用が大切になるというわけです。たとえば、食事から、体の酸化を抑える方法があります。抗酸化作用の高い食品を摂取することです。

カロチンを多く含む緑黄色野菜や、柑橘類に含まれるビタミン類、緑茶に含まれるカテキン、トマトに含まれるリコピンなどが、効果的です。

アンチエイジング効果

anti

肌のシミが増えた、しわが気になる、そんな症状が加齢とともに現れてきます。老化現象の主な理由の一つが肌のサビです。

肌のサビを引き起こす活性酸素は本来体内に侵入した細胞やウイルスと闘ってくれるのです。しかし、加齢やストレスなどが原因で増えすぎてしまうと肌や身体の老化を招き、悪影響を及ぼすのです。このため、活性酸素を除去してくれる抗酸化作用のあるものを摂取することが大切です。

抗酸化作用のある食べ物を摂取することで、アンチエイジングにも効果が期待できます。ビタミンやミネラル、ポリフェノールは抗酸化作用が高いため、毎日摂取することで老化を防ぐことができます。果物や色の濃い野菜など、選んで摂取することで身体にも良い効果をもたらします。

アンチエイジングを気にするからと高いスキンケアを使っても効果が現れない場合は、サビが原因の一つです。食べ物を選んで摂取することで肌だけでなく身体のアンチエイジング効果も期待できます。


抗酸化物質を多く含む食品

抗酸化物質にはビタミンC、ビタミンE、亜鉛、セレンなどのミネラル、ポリフェノールなどがあげられます。人は抗酸化ビタミンを体内で合成することができないので、普段の食事から摂取すると良いです。…続きを読む

活性酸素を抑える働きのある栄養素

抗酸化作用とは、体の酸化を抑えるはたらきのことです。人間の体も酸化します。酸化は、物が錆びてしまう状態ですが、人間の体内においては、活性酸素が過剰に発生した状態をいいます。…続きを読む

抗酸化作用と活性酸素の関係

人間は生命活動の中で体内に活性酸素という物質が生産されます。特に紫外線を浴びたときや精神的ストレスを感じたときなどには多量の活性酸素が生産されるということも…続きを読む

風邪の予防とウイルス撃退

風邪のときには、ビタミンCがよいと聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。その理由は、ビタミンCには抗酸化作用があるからです。…続きを読む

高血圧の原因になる活性酸素を抑える

人間は、体内に酸素を取り入れて、エネルギーを生成する過程で、活性酸素というものをつくりだしています。この活性酸素とは、細菌などを排除する役割があり、人間にとって必要なものなのですが…続きを読む

抗酸化作用が身体へ及ぼす影響と役割

抗酸化作用とは、体内の活性酸素を抑える仕組みのことです。人間は、体内に酸素を取り入れることで、エネルギーなどを作り出していますが、このときに、酸素の一部が…続きを読む