エラグ酸の美白効果と副作用

2014年9月26日

抗酸化作用というのは美白効果のある化粧品に含まれています。メラニンが増えることは肌が酸化してしまうことと等しいことから、抗酸化作用の高い美白美容液などを使用してお肌の内部のメラニンが増えるのを防ぐ効果があります。

抗酸化作用にはポリフェノールが多く含まれており、この成分の働きによってメラニンの増殖を抑え、美白効果を高めることができます。

化粧品に使われているポリフェノールの代表的な成分としては、エラグ酸があります。このエラグ酸というのは、天然成分から抽出されていることから副作用はありません。美白効果としてピーリングをすることが流行っていますが、皮膚をピーリングしてしまうことによって皮膚が薄くなるので、副作用として刺激に弱くなってしまうということがあります。

天然成分から抽出しているエラグ酸のみで考えれば、刺激が少なく安心して利用することができるので、特に副作用の心配はする必要がないといえるでしょう。

あわせて読みたい記事