抗酸化が引き起こす好転反応

2014年7月25日

抗酸化作用というのは、ストレスや加齢、紫外線などの様々な原因で体内に有害な活性酸素が増える状況を改善する作用のことです。

体の酸化が進むと体内の代謝機能が衰えたり、シミやしわなどの老化が進んでしまいますので、抗酸化作用のある食品やサプリメントを摂取するなどのケアを行うことで、美肌、美白、美髪、アンチエイジング、健康促進など様々な効果が期待できます。

抗酸化作用を高めるための方法は様々なものがありますが、これらを開始するに当たり、いきなり体内の環境が変わってしまうために好転反応が起きることがあります。好転反応というのは、体に良い作用であっても一時的にアレルギーのような過敏な反応を起こすことで、大体一週間程度で元に戻っていきます。

内容は様々で、発疹やかゆみ、下痢や便秘、吹き出物など人によって異なってきます。すぐに収まるようであれば気にする必要はありませんが、持続するときにはいったんケアを中止しましょう。

あわせて読みたい記事