抗酸化作用と活性酸素の関係

2014年7月18日

人間は生命活動の中で体内に活性酸素という物質が生産されます。特に紫外線を浴びたときや精神的ストレスを感じたときなどには多量の活性酸素が生産されるということもわかっていますが、安静時や睡眠時など状況を問わず常に排出されています。

活性酸素は体内の細胞を傷つけて、体に様々な悪影響を及ぼしますがその中でも顕著なのが老化です。細胞そのものをさびさせて老化を加速させることから、活性酸素を除去することはアンチエイジングの観点からも非常に大切なことだといえます。

そして活性酸素を除去する効果があるといわれている物質が抗酸化作用のあるポリフェノールです。ポリフェノールはお茶やココア、果物など様々な食品に含まれる苦味成分であり、体をさびから守り若々しさを抗酸化作用を有しています。

抗酸化作用によって紫外線や疲労物質による体への老化現象のスピードを遅くすることができると言われています。お茶などであれば毎日いつでも何気なく生活に取り入れることができますので、気軽にポリフェノールを摂取することができます。

あわせて読みたい記事