抗酸化作用が身体へ及ぼす影響と役割

2014年7月20日

抗酸化作用とは、体内の活性酸素を抑える仕組みのことです。人間は、体内に酸素を取り入れることで、エネルギーなどを作り出していますが、このときに、酸素の一部が活性酸素というものになります。

この活性酸素は、細菌などを排除する役割があり、人間の体には欠かせないものですが、増えすぎると、正常な細胞までも攻撃してしまいます。この仕組みより、老化の原因となったり、動脈硬化など生活習慣病の原因となったりもします。

そのため、いかにして、この活性酸素を抑えるかということが重要になってくるのです。抗酸化作用を得るために、もっとも手っ取り早い方法は、抗酸化作用のある食品を摂取することです。ビタミンC、ビタミンE、アントシアニン、カテキン、イソフラボンなどは、抗酸化作用のある代表的な栄養素です。

これらを多く含む食品を摂取すると効果的です。また、紫外線、喫煙、飲酒などが、活性酸素を過剰に発生させる原因になります。そのため、これらの原因を回避することも重要です。

あわせて読みたい記事